メニュー

代表者のご挨拶

入居金、敷金「0円」の介護施設を実現

代表 杉﨑 俊一

有限会社真全(まっとう)は介護の本質を追究します。   

    • 当社のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
    • 弊社は人生の終末期を迎えたお客様に、より人間性あふれる介護を提供する為、役職員一丸になって日本一の介護を目指しています。
    • 2025年における高齢者人口の増加、若年人口の減少による介護職不足は、高齢化大国日本が抱える最大の課題です。その時代に皆様の暮らしはどのように変化してゆくのでしょう。
    • 私の祖父は認知症を発症し介護施設や病院のお世話になりましたが、当時の認知症者に対する介護には疑問を持って居ました。その為、認知症であっても「ご本人の気持ちや心を受け止めること」を重視した介護を目指し、2005年12月に「グループホームまっとう」設立。
    • 更に「親や、知人、自分でも入居したい施設」を目指し、2012年12月に小規模多機能型居宅介護「シニアサロンデュランタ」を併設した、サービス付高齢者向け住宅「和楽久シニアレジデンス長津田」を開設する事が出来ました。
    • 当社の社名は「人が生きる意味を考える中で、人生をまっとうするには、自然体に生きる事が必要」と考え、社名・事業理念「共に自然体(まっとう)に生きる」としました。
    • おかげさまでサービス付高齢者向け住宅「和楽久シニアレジデンス長津田」は、第1回リビング・オブ・ザ・イヤー2014で優秀賞(得票2位)に輝きました。
    • 併設の「シニアサロンデュランタ」は認知症介護のバリデーション対応や、ボランティアさんへの活動対応等が高く評価され、神奈川県内事業所の中で、第1回、第3回かながわベスト介護セレクト20を受賞(2016年・2018年)の名誉に輝きました。
    • 更に 認知症対応型共同生活介護「グループホームまっとう」も本来あるべき認知症介護が評価され、第2回かながわベスト介護セレクト20を受賞(2017年)。
    • 有限会社真全としては3年連続受賞となりました。神奈川県知事よりその功績が認められそれぞれ報奨金100万円(計300万円)を頂き、法人が運営する全ての施設が表彰を受ける栄誉に輝いています。

 


 

統括本部長 新間 満 

(写真は統括本部長の「Facebook」にリンク)

資格:介護福祉士、介護支援専門員、バリデーションワーカー、マスター上級介護予防運動スペシャリスト、社会福祉主事、他

 写真の女性はナオミ・ファイル氏で認知症介護の第一人者です。その教えである「バリデーション」を当社の認知症介護のバイブルとしています。毎年バリデーションティチャーによる1年に及ぶバリデーション研修を実施、バリデーションワーカーである私がそのホローをする体制が出来ています。認知症の方でも普通の生活が送れるように対応しています。

人間らしい生活を最後まで支援しています。

        • 本来あるべき介護を求めて職員指導をしています。

        • お客様にも自分で出来る事は自分でする、出来ない部分は支援する。当たり前の事ですが、案外このことが介護施設では守られていません。この当たり前の事をしない施設が多く、お客様の介護度が進みご本人もご家族も苦労します。

        • 当社では介護度が進まず、改善するお客様が毎年います。最後まで人間らしく自分で歩き、行動し、時が来れば自然な死を迎えられるような施設を目指しています。

        • 認知症だって自由に外出したい。日本でも数少ないGPS位置検索システムを使い、認知症でも元気な高齢者の自由外出を実現しています。

        • 「最後は自宅で死にたい」今の日本では病院で亡くなる方が81%、ご自宅は12%、施設4%です。和楽久シニアレジデンス長津田のご入居のお客様はごレジデンスで亡くなられる方78%にもなります。殆どの方が老衰で病気はごく一部の方です。ご逝去平均年齢90.4歳、最高齢102歳、最多年齢92歳。 

        • 認知症だって自由に外出したい。そんな希望をかなえました。日本でも数少ないGPS位置検索システムを使い、認知症でも元気な高齢者の自由外出を実現しています。もちろん認知症の無いお客様は自由に外出が可能です。     

   法人が目指す介護は....

      • 本格的な演奏、舞踊、手品等多様な催し月3~4回実施、老後の人生を豊かなものにします。プロアーチストやボランティアさんによる演奏会、踊り、手品等の行事は年40回を超えます。
      • 日常の通いサービスは自由なサロン風を基本に色々な催し物を実施しています。
      • バリデーション教育を徹底し、認知症の方の尊厳を守り、認知症の方に最後まで普通の生活を保障します。
      • お客様、ご家族の思い、職員の出来る事のバランスを取ります。
      • 過剰サービスでお客様の出来る事を奪いません。そのことによりご本人の介護度は維持、改善することができます。
      • 入院した場合は出来るだけ早いご自宅復帰を目指し、看取りを恐れない職場を作るります。
      • 職員教育に時間をかけ介護技術の向上をはかります。

 


有限会社真全のプライバシーポリシー

個人情報保護方針について

 有限会社真全(以下、当社)は、当社事業を実施していくうえで、お客様に(ご利用者ご本人及びご家族)安心して利用していただけるよう、個人情報の保護に関する各種法令を遵守すると共に、個人情報保護規定を制定して全従業員に周知徹底し、個人情報の適切な管理・保護に努めます。

個人情報保護方針の目的について

 お客様への利用上の安心を提供するため、個人情報の適切な管理・保護を行うこと。従業員へ個人情報保護規定の理解の徹底と遵守を行わせること。

個人情報の取り扱いについて

 当社は業務遂行において取り扱うお客様個人に関する情報につき、個人情報保護のための管理を行うと共に、社内規定に従い合法的かつ適切な利用を行います。

1、個人情報の収集について....

 個人情報を収集する際には、お客様に対し利用目的を明確にし、その目的達成に必要な範囲で収集を行い、適法かつ公正な手段を用います。なお、当社で取り扱う個人情報は、当社業務遂行に必要なお客様情報の収集に限ります。

2、個人情報の利用について....

 個人情報を利用する際には、お客様が同意を与えた利用目的の範囲のみで利用いたします。当社の業務を行うに当たっての具体的な利用目的は次の通りです。

      • 介護サービスの提供を行うため。
      • 健康管理を行うため。
      • 入居者様の安全確保等の目的のため、設置カメラの動画保存。
      • 災害等の緊急時の本人確認のため、及び入居者・利用者様の日常生活や行事の記録のための、写真撮影や動画記録。
      • ご案内・お知らせの送付等のため。
      • アンケートの実施・マーケット等の調査・分析を行うため。

3、個人情報の第三者への提供について....

 個人情報を第三者に提供する際には、以下の利用目的の範囲内でこれを行います。

      • 国民保険連合会へ介護報酬の請求を行う場合
      • 外部監査機関からの要請を受けた場合
      • 関係行政機関等から法令に基づく要請を受けた場合
      • 他の病院、有料老人ホーム、診療所、薬局、介護保険施設、特別養護老人ホーム、介護サービス事業者、治療院、等との連携を行う場合
      • 外部の医師の評価、意見、助言を求める場合
      • 検査業務を委託する場合
      • ご家族等へ病状説明を行う場合
      • 理美容サービス・介護用品購入サービス等を利用するのに必要な場合
      • 提供する情報の内容により、ご家族の情報提供が必要な場合があります。
      • 安全対策の実施について

         当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報機器のセキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に努力いたします。また、情報通信におけるセキュリティ事故の実例、ならびにお客様からの要望により、改善が必要とされたときは、必要性を検討の上、速やかに対策を講じます。

        法令規範の遵守について

         当社及び従業員は、個人情報保護の実現のため、誓約書、就業規則、個人情報関連法令及び当社が加盟する団体等のガイドラインを遵守いたします。

        お客様の権利の尊重について

         当社は、お客様の権利を尊重し、お客様から自己情報の開示、訂正・削除、または利用若しくは提供の拒否を求められたときは、適切に応じます。

        個人情報漏洩の場合の取り扱いについて

         当社は、お客様の承諾なく、万が一過失、故意等により個人情報が漏洩した場合は、その責任の所在を明らかにし、就業規則に基づき処分を行います。

        誓約書の締結

         当社は、当個人情報保護規定を遵守することの誓いとして職員と誓約書を締結します。

         

         

 


職員の特定処遇改善加算金

職員の待遇改善のため、職員の介護職員特定処遇改善加算金を支給します。

職員の特別処遇改善加算金の申請条件には、職員数に一定人数の介護福祉士がいることが条件になります。

現在、グループホームまっとう、シニアサロンデュランタとも基準をクリアしており、行政に支給申請を提出してゆきます。

配分は所定の条件を満たした中で

A区分(介護福祉士で正社員)の支給計算式 基準原資×100%×人事考課×100%

B区分(介護福祉士で準社員、パート職員)の支給計算式 基準原資×50%×人事考課×勤務日数比率

Ⅽ区分(初任者研修・旧訪問介護2級)の支給計算式 基準原資×25%×人事考課×勤務日数比率

ご利用のお客様には毎月の介護保険料お支払いが増加しますが、

厳しい環境で働く介護職員の待遇改善のためにご理解いただきたいと思います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME