メニュー

介護のブログ

定着し始めたバリデーション…認知症対応技術(2020.10.13更新)

 バリデーションを本格的に導入し今年で6年目、職員には毎月1本はバリデーション対応ビデオを撮影して貰っている。その内容に合わせ、個別指導や全体会議でも代表的な実践ビデオを見ながら指導している。
 最近はお客様の話をしっかり傾聴し、表情を合わせ、共感できる職員が増えてきた。普通なら手のかかる認知症の方も穏やかに過ごしています。
 ただ、毎回バリデーションで全て対応している訳ではありません。時よってはバリデーション以外の対応が必要な場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME